ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
だよ
2014012407520002.jpg


そのままで
いいんだよ
いいんだよ
いいんだよ
いいんだよ












| そのままでいいじゃん | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
たまに笑えたら いぃんじゃないかなぁ
 




いろいろ
あっけど

それでも
たまに
笑えたら
いぃんじゃないかなぁ

時たま
友達と
会ったりして

くだらない
話しを
だらだらしたりして

たまに
笑えたら
いぃんじゃないかなぁ

君が
笑うと
友達も
笑ったりして

君の
笑顔は
友達の
笑顔だったりして

そうさぁ
あの
雲だって
ふらふら
だらだら
してるんだからさぁ

たまに
笑えたら
いぃんじゃないかなぁ
| そのままでいいじゃん | 12:27 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
陰ほめ
  




外では冷たい
霧雨が降っています

そして
人の人生も
一緒だと思います

生きていれば
霧雨の時も
どしゃぶりの時も
あります

でもそんな時
人は必要以上に
落ち込んだり
悩んだりして
自分を
責めてしまいがちです

数日前に
こんな事がありました
始めての方から
メールをもらったのですが
その内容は

「私の友達が
 このブログの詩を観るといいよと
 言っていたので
 詩をのぞいて見ました。」

という内容でした

僕は
思いも掛けない事だったので
とっても
嬉しい気持ちになり
とっても
勇気が出てきました

どちらも
知り合いではない
お二人の方の
心の中で
この詩達が

ぐるぐる
ぐるぐる
回っていたような気になって
嬉しさも
倍増になりました

そしてその時
ふと
思いました

陰口と言う
言葉がありますが
その逆の言葉が
あってもいいと

だってこの世は
昼と夜
善と悪との
バランスで
成り立っていますから

だから
陰ほめ
という言葉を
創ってみました

あなたも
必要以上に
自分を責めていませんか

きっと
誰かが
あなたのことを
褒めていますよ

その贈り物は
きっと
あなたの
思いも掛けない時に
やって来ますよ



ふと
外を見たら
二日も降っていた
霧雨が

上がっていました・・・・



















                      この詩を
                      お二人の方に
                      捧げたい
| そのままでいいじゃん | 08:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
笑顔が素敵な 君ほど深く落ち込む
  






ひまわりのような
笑顔の
君が
落ち込むと

肯定的な
心の高さの分
どっぷりと
深く
深く
落ち込んでしまうよね

それって
なんだか
皮肉だよね

でも
現実は
そうなっているよね

じゃぁ
そんな時は
どうしようか

そんな時
君は自分を
自己否定してしまうから

ゆっくりでいいから
自分のいい所を
一つ
一つ
頭の中で
思い浮かべてみようよ

そして
他人から言われた
いい所を
一っこ
一っこ
思い浮かべてみようよ

きっと
いくつか
出てくると思うんだぁ

だって
君は
ひまわりのような
人だから

その
笑顔は
君自身の
背中も
押してくれているんだから
| そのままでいいじゃん | 06:04 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
特別なのに特別だと思ってない君へ
  





君は
考え方が
他の人とは
かなり違うよね

そのことを
君は
自分は
変わっているみたいな
感じで
受け止めているけど

そうじゃなくて
君は
特別な
何かを
もっている
人なんだよ

君は毎日
自分をやっているから
そのことに
気づいてない
みたいだけど

それって
すごいことなんだよ

君の
やさしさや
思いやりは
他人からは
ちょっと
わかりずらいかも
しれないけれど

そんな
わざとらしくない所が
また
スペシャルなんじゃ
ないかなぁ・・・・
| そのままでいいじゃん | 04:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分をちょっと 否定的にとらえちゃう君へ
  



繊細すぎて
相手の微かな
感情の揺らぎも
敏感に察しちゃって

時に疲れ
時に落ち込み
時に悩み過ぎて
もういいやって
ハジケちゃう君は

もっと
もっと
輝けると想うよ

だって
だって
君は
自分の魅力を
客観的に
わかってないんだから

君は
決して物事を
斜に構えてみる
ヒニク屋さんでも
ネガティブな人でも
ないけれど

相手が
何にも
考えないで発した
ちょっとした
言動にも
一喜一憂してしまうから

いい時は
いいんだけど
そうじゃない時は
他人からは
想像も出来ないほど
落ち込んじゃうよね

そして
それが引き金になって
どんどん
どんどん
自分を否定する
季節になっちゃうよね

でも
君のいい所は
純真で
無垢な所だから

それは
誰もが持っている
ものじゃないし
君だけのものだし

そして
その魂の光りは
決して
変わらない
無垢な光りだから

君は
自分を否定
しなくて
いいんだよ

だって
そんなことをしたら
自分自身が
かわいそうじゃなか

いい時も
わるい時も
晴れの日も
嵐の日も
あるけれど

それでも
この道が終わるまで
一緒に
歩いて行く
自分自身なんだから

君の
魅力を
わかっている人は
君の近くに
必ずいるし



君は

そのままで

そのままで

十分
輝いているよ

       義明
| そのままでいいじゃん | 06:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
素直な自分をだせない君へ
  



がんばっているのに
がんばっている
顔を出すのが
苦手で

甘えたいのに
素直に
甘えられなくて

普通にしているのに
なぜか
ちょっと
怒っているように
見られて

そうじゃないと
思いながらも
その狭間で
時に落ち込んだり
時に陰口叩かれたり
時に誤解されたり
時にわかってもらえなかったり
時に葛藤したり

だけど
しょうがないじゃん

べつに
いいじゃん

それが
君なんだから

それが
世界で
たった一人の
君なんだから

ムリに
自分を
変える必然も
意味もないし

君が
君のまま

素直な
君のままで
いられる時が
きっと
やって来るよ

だって
君は
誰かを
傷つけたり
誰かを
裏切ったり
何か
わるいことを
しているわけじゃ
ないんだから

胸張って
君で
いればいいじゃん

堂々と
君で
いればいいじゃん

君のことを
わかってくれる人は
もう
近くまで
やって来ているんじゃないかなぁ

            よしあき
| そのままでいいじゃん | 13:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
自分を表現するのがちょっと苦手な君へ 2
ぼくは
そんな君に
大いに
共感をもっているから
この詩を書きたい

この詩を
君の心に響くぐらい
大きな
大きな声で
読み上げたい

大空
いっぱいに
投げつけたい

自分を表現するのが
ちょっと苦手な君って
一見クールで
一見他人からの
言葉なんか
簡単にさらっと
聞き流していそうに
見られがちなんだけど

実際は
180度
逆なんだよね

他人の言葉が
心の中で
いつまでも
いつまでも
引っかっかていて

それが
自分が苦手な
人間からの
心無い言葉だったら
どんどん
どんどん
増幅していって

自分自身を
どんどん
どんどん
追い込んじゃって
がんじがらめになって
動けなくなってくるんだよね

だからこそここで
その言葉の出所を
客観的に考えてみようよ

その人が
君のことを
心から思ってくれた
言葉なのか?

それとも
相手が自分の感情を
感情むき出しにして
投げつけてきたのか?

君のことを
本当に
思ってくれての言葉か
そうじゃないかは
後で冷静に
考えればわかるよね

だって
どんなに
ちっちゃな
愛情のかけらでも

そのかけらは
ちゃんと
感じるもんね

じゃ
愛情がない
言葉だったとすると
その言葉は
どこから出てくるのか
そのことを考えてみようよ

その言葉を
どんどん
どんどん
突き詰めてっていくと
決まって
ひがみだよね

その出所が
ひがみって
わかったら
そんなに
煮詰まらなくていいんだよ

だって
君はそんな奴の
言葉を考える時間を
自分のことに
費やせば
君は2倍
前に進めるんだから

もうけじゃん

君は
もっと
もっと
君らしくなれるんだから

君は
もっと
もっと
前に進めるんだから  


       よしあき
| そのままでいいじゃん | 04:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分を表現することがちょっと苦手な君へ
 



君のことを
あんまり
知らない人から
君のことを見ると

ちょっと
ガンコとか
ちょっと
クールに見られて
その結果余計な
誤解をされることが
あるかもしれないけれど

そういう
誤解をされやすい
人に限って
そうじゃないんだよね
真逆なんだよね

自分を
表現することが
ちょっと
苦手なだけなんだよね

そして
そういう誤解を
されやすい人の方が
心の内面は
優しく
相手のことを
思いやる気持ちが
海のように
深い人が多いよね

だって
その証拠に
君のことを
わかってくれている
君の大事な
お友達や
家族は

君の
いいところを
たくさん
たくさん
知っているから
いつまでも君と
友達でいるじゃないか

いろいろと
悩みは
多いし
尽きないかも
しれないけれど

万人に
好かれることが
優先順位の
上の方にあるとは
思わないし

それよりも
君の
素晴らしい心という
種を
わかってくれる

同じ
シンパシーの人に
君が
わかってもらえれば

それこそが
君らしく
いられることだし

それこそが
君が
君として
キラキラと
キラキラと
光り輝ける時だよね

        よしあき
| そのままでいいじゃん | 05:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |
Facebook
mixi