ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
20分休みの奇蹟
  



今日は
どっかん
晴天の下

焦る気持ちを抑え
ちゃりんこで
東京都・墨田区立
柳島小学校に
本の読み聞かせの
ボランティアとして
行ってきました

わくわく

この小学校は
校長先生以下
みなさんが
図書学習にとっても
ご熱心で

子供たちは
みな
読書と親しむ機会が多く
図書室の他に
絵本室もあるほど
充実しています

ぼくは
2時間目と
3時間目の間の
20分休みに行なわれる
ボランティアのため
図書室に行きました

2時間目の授業が終わる
チャイムが鳴るのと
ほぼ同時に
オーシャンのような
子供たちは
ロケットダッシュして
図書室に突っ込んできます

そう
キラキラした瞳を
まんまるく
輝かせながら

でも
その中で
少し元気のない
少年がいました・・・・

少年は
ちょっと
うつむきかげんに
図書室の中に
入ってきました

なにか
いやなことが
あったのでしょうか・・・・

お母さんに
叱られたのでしょうか・・・

それとも
夜中に
お父さんと
お母さんが
ケンカでも
したのでしょうか・・・・

少年は
あきらかに
元気がありませんでした

そして
みんながそろって
読み聞かせの
はじまり
はじまり

ぼくは
少年の姿を
ずぅっと見ていました

少年は
声を一生懸命に
聴いていました

そう
一言も
聴きもらさないように
していました

こういう時の
子供の集中力は
尋常ではありません
完全に本の世界へと
ダイブしていきます

そうしたら
本を聴いている内に
少年の顔が
キラキラと
キラキラと
輝きだしました

もう
それは
目に見えて
わかるような
奇蹟でした

本の読み聞かせが
終わる頃には
少年は見違えるほどの
立派な男になっていました




少年は
ダッシュして
教室に
帰って行きました

       よしあき
| ボランティア 奇蹟 | 17:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |
Facebook
mixi