ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
日本人とは
どういう
ことなのでしょう

日本人の
心とは
どういう
ことなのでしょう

思い起こせば
ぼくは
いつも
そのことを考えて
作品を創ってきたように
思います

なぜなら
ぼくらは
日本人ですから

ぼくは
まじめで
優しい国民が多い
日本が大好きですから

そして
あの日
ぼくらの国に
大津波が
やってきました

ぼくらの
意識の底の方も
全てさらって
流していって
あの日から
価値観も
激変しました

そして
大津波が引いた後に
残ったのが

人間にとって
何が
大切なのかの
こたえを
一人一人が
考える問いです

ボールは
あなたの方に
投げられました

現代人の
おごりで完全に
盲目になっていた
社会の中に

大切な
何かを見つける
きっかけが
ぽつんと
光っているように
思えました

そう
小さな
砂金のように

このままでは
いけない

このままの
方向性ではない

本能的に
そう感じ取っている
人は多いのでは
ないでしょうか

ぼくらの
生き方の方を
謙虚に変えなければ
この地球と共存できないと
思っている人は
多いと思います

その
こたえや

そして
人間が
生きることとは

人間の
心とは

人間の
家族とは

そういう
普遍的なことの
想いとして
二百点以上の作品を
想いを込めて
創りました

作品は
全て墨文字の
手書きです

印刷や
プリントアウト
なんかでは
ありません

自分は
そういう安易な
生き方を
選択しません

この世で
この世界で
この銀河で
一点しかありません

自分は
こういう
生き方を
選択します

数なんかではなく
一点の一点の
作品にどれだけ
深く
深く
込めることができるかが
大切だと思って
生きています

人間には
心があるから
人間が書いた
手書きの文字からは
その人間の
気力や
波動や
生きる力や
目に見えないもが
痛いほど強烈に
伝わってきます

そしてそれを
感じ取ることが
できるのが
人間の心です

あなたの
心です

あなたの
魂です

魂と魂は
その性質上
生死を問わず
次元を問わず
距離を問わず
共鳴し合い
通じ合うことができる
素晴らしいものです

それは
獣には
できません

人間だからこそ
できるのです

あなた
だからこそ
できるのです

今自分に出来る
全ての気力や魂を
作品に込めて
書きました

そして
浅草で

浅草とは
日本の中でも
特別な場所です

お店は
浅草寺の本堂から
100メートルも
離れていません

観音様の
ご加護や
後光や
その土地の特別の気に
守られながら
発表できることに感謝し

浅草で長い間
大変お世話になっている
人々のご縁に感謝しています

手書きの
作品は
残ります

人の
心の中に
残ります

人の
記憶の中にも
残ります

なぜなら
そこには
人の魂が
宿るからです

自分は
おごるでもなく
こびへつらう訳でもなく
等身大の事実として
宿らせるだけの
代償と努力を
払うという選択を選び

言い訳なんかが
一切通用しない
厳しい
芸術の神が居る
芸術の世界で
生きるために

命を
賭けて
生きています

命を
賭けて
創っています・・・・








【浅草 なつの】

5月28日(土曜日) 大安吉日 開店

〒111-0032 東京都台東区浅草2-5-12 第三夏野ビル1階
TEL:03-6795-1472 FAX:03-3845-7258
URL:http://www.asakusa-natsuno.com
営業時間:10時〜19時 ※不定休

<交通のご案内>
東京メトロ銀座線・都営浅草線・東武伊勢崎線 「浅草駅」から徒歩7分
東京メトロ銀座線 「田原町駅」から徒歩7分
つくばエクスプレス 「浅草駅」から徒歩1分

<開店特典>
3,000円以上お買い上げ頂いた方に、オリジナルミニバッグをプレゼント!
※先着200名様限定です。なくなり次第、終了となります。
| 感謝 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぺこり
 



ぼくの
家の近所には
ちぃさな
ちぃさな
お地蔵さんが
居ます

その
お地蔵さんの前を
ちゃりんこで
通りすぎる時は

ぺこりと
こうべを
下げます

ぼくの
家の近所には
おぉきな
おぉきな
お寺があります
浅草寺です

ぼくは
浅草寺の前を
ちゃりんこで
通りすぎる時も

ぺこりと
こうべを
下げます

ぺこりとは
なんだか
気持ちが
いいものです

そして
毎日
毎日
お仕事で 忙しく
疲れているにも
かかわらず

あなたの
貴重なお時間と
手間をかけて
ぼくの詩を
わざわざ
観て下さる

あなたに
ぺこり

心からの
感謝を込めて
もう一度
ぺこり

そして
あなたに
今日
一日
いいことが
ありますようにと
願って

また
また
ぺこり

どうしようもない
詩しか
出てこない
心が梅雨の日も
ありますが
それでも

ぼくは
あなたの
心に
響く詩を
一編でいいから
書きたいと
思いながら


おぉきく
おぉきく
ぺこり

   よしあき
| 感謝 | 05:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |
Facebook
mixi